フラジールの正しい使用方法のご紹介

 

フラジールの効果効能フラジール
フラジールは、一般的にトリコモナス膣炎等に抜群な効き目が現れる薬です。抗トリコモナス薬として使われ、トリコモナス原虫に対して殺虫的な作用があります。これによって不快な症状がある症状を緩やかにして、細菌性の膣病などの治療に作用する薬です。尚、この他にも細菌感染症等に効果があるとされており、ディフィシル菌による感染性腸炎等にも適用が可能なものとなっており、胃炎や胃潰瘍の原因となる菌に関しても殺菌作用を持っている為、その殺菌作用によって病状の改善を行う事ができます。古くからフラジールは、トリコモナスの治療薬として使用されており、感染症への効果効能が高いものとして知られています。

フラジールの使用方法
フラジールは適応する病気によって用量に相違する場合があります。

【トリコモナス症(腟トリコモナスによる感染症)】
通常、メトロニダゾールとして、1クール1回250mgを1日2回10日間使用します。

【嫌気性菌感染症】
通常、メトロニダゾールとして1回500mgを1日3回又は4回使用します。

【感染性腸炎】
通常、メトロニダゾールとして1回250mgを1日4回又は1回500mgを1日3回10~14日間使用します。

【細菌性腟症】
通常、メトロニダゾールとして1回250mgを1日3回又は1回500mgを1日2回7日間使用します。

フラジールの注意事項や併用禁忌
下記に当てはまる方はフラジール内服錠250mgを服用しないでください。
・メトロニダゾールに対するアレルギー反応を起こしたことのある方
・脳、脊髄に器質的病気のある方(脳膿瘍の患者を除く)

下記に当てはまる方はフラジール内服錠250mgとの併用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もあるのであらかじめ医師に伝えておきましょう。
・血液疾患のある方
・脳膿瘍の方
・肝機能障害のある方

フラジールの副作用
フラジールは、トリコモナスを改善するには抜群な効き目がありますが、その一方で、副作用というリスクの可能性も十分に理解した上で服用してください。もちろん、厳しい臨床試験ののち認可された薬なので安全性は保証されていて、副作用は少ないほうと言われておりますが、体質によっては発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、暗赤色尿などの症状が現れることがあります。このような症状が出た場合は使用を直ぐに止めてお医者さんに相談しましょう。
また、飲酒はいけません。薬の影響でアルコールに弱くなり、悪酔いしやすくなるといわれてます。お酒に強い人でも、顔が真っ赤になり、吐き気や嘔吐、腹痛、頭痛など激しい症状を起こすおそれがありますので気をつけましょう。

オススメ:

カンジタ・トリコモナスの治療薬ラミシールクリームやニゾラルクリームや低価格ジェネリック医薬品を通販いただけます

カンジダ・トリコモナス治療薬通販|性感染症 – 薬友