フラジッルを処方されましたが、性感染症なのでしょうか?

多くの女性が医院でフラジッルという薬を処方されましたので、とても心配しました。インターネットでフラジッルを調べたら、性感染症の治療薬として多く知ります。フラジッルを処方されましたが、性感染症なのでしょうか、、、このような疑問をよく聞きます。多くの女性の疑問を解消するために、フラジッルの効能と性感染症の症状からこの問題を解決しましょう。

フラジッルは性感染症の治療薬だけではない。(フラジッルの効能から見る)

通常、トリコモナス症(腟トリコモナスによる感染症)、嫌気性菌感染症(皮膚科領域、外科・整形外科領域、呼吸器科領域、骨盤内、腹腔内、肝臓内、脳内における感染症)、感染性腸炎、細菌性腟症、アメーバ赤痢、ランブル鞭毛虫感染症の治療に役が立ちます。
1.トリコモナス症(膣トリコモナスによる感染症)。
2.嫌気性菌感染症:
1).深在性皮膚感染症。
2).外傷・熱傷及び手術創等の二次感染。
3).骨髄炎。
4).肺炎、肺膿瘍。
5).骨盤内炎症性疾患。
6).腹膜炎、腹腔内膿瘍。
7).肝膿瘍。
8).脳膿瘍。
3.感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む)。
4.細菌性膣症。
5.ヘリコバクター・ピロリ感染症:胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎。
6.アメーバ赤痢。
7.ランブル鞭毛虫感染症。

性感染症の症状(女性の場合で、気になる症状)

心配なら、まずセルフチュックしましょう。

おりものが多く、下腹部が痛む
酒粕状、カッテージチーズ状のおりものが出る
あわ状で悪臭の強いおりものが出る
性器周辺にかゆみや痛みを感じる
強い痛みを感じ、排尿が困難である
太もも付け根あたりのリンパ節が腫れる
性器や肛門の周辺に、痛みをともなわない乳頭状のイボができる
性器、肛門、唇などに、痛みをともなわないしこりや腫れができる
全身に赤茶色のできものや発疹ができる
のどに腫れや痛みがあり、時に咳や熱が出る
黄疸(身体や白目が黄色くなる症状)が出て、吐き気や食欲不振、全身倦怠感、発熱などが続く
発熱、咽頭炎、下痢、リンパ節の腫れ、倦怠感などの症状が1ヶ月以上続く

できるだけ診察を受け、専門医者にご相談しましょう!